研磨のブログ

ここでは研磨の記事をご紹介します。
天然大理石・人工大理石・ステンレスの再生研磨をご検討の方は類似した材質・記事がございましたら参考にして下さい♪

研磨のブログ記事一覧

今回の記事は東京都中央区で磨いた大理石のビフォーアフター。石種はロッソアリカンテ。赤色っぽい大理石ですね。特にシミや色抜けは無く、歩行傷で光沢が失われた感じ。ただ状態はそれ程悪くない。再生研磨で充分の復元が可能です。作業時間は面積や状況によって変わりますが、今回の面積で大凡2時間半。5工程での再生研磨でした。照明の映り具合で復元されたのが分かります。同じ様なタイプの石種で研磨をご検討の方。玄関開け...

飲食店やオフィス・店舗などでは頻繫に大理石のカウンターやテーブルが使用されております。天然石ならではの高級質感がお店の雰囲気をアップさせます。しかしながらコーヒーやワインなどを飲んだ時にグラスやカップの底に垂れていき、輪ジミを形成します。大理石はこの様な酸性分の物に弱く艶を飛ばしてしまいます。今回のご依頼はビアンコカラーラの大理石テーブルにできた輪ジミの復元。復元手段はリペアではなく、再生研磨。リ...

江戸川区のとあるマンションの玄関大理石。大理石の種類はエンペラドールダークと思われます。ダークブラウンの落ち着きのある渋めの大理石。濃い色の分、艶が消えるのも目立ちます。特別何かを溢したシミなどがある訳ではないのですが、砂利石などのイタズラで細かな傷が艶を消してしまうのです。傷の深みをチェックしながら工程を組んで行きます。もう、どれだけ大理石の研磨をしてきた事でしょう。随分の数を施工してきましたが...

当店に大理石の研磨を依頼されるお客様の中で、4,5件に一度ご相談される内容はシミです。様々なシチュエーションでできるシミ。変色、色抜けとも言いましょうか。◆カウンターテーブルにできたワイングラスの輪ジミ。◆生ゴミのゴミ袋を置いていたら変色してしまった。◆お酢を溢した。ワインを溢した。ジュースを溢した。◆サビが浮いてきた。高級マンションなどは特に玄関土間だけでなく、廊下も大理石だったりします。大理石...

以前、東京都杉並区で施工した玄関大理石研磨の例をアップします。ベージュ系の大理石は多く使われておりますが、種類は豊富。似た素材も多いので何とも言えませんが、クレママーフィルかポテチーノの様に思われます。画像をご覧になられてお分かりの様に、完全に艶を失ってますね。特にシミがあった訳でもなく、靴底についた砂利などがイタズラをして傷をつけます。度重なると同時に徐々に艶も失い、光沢感は無し。折角の大理石玄...

先日水周りのクリーニングにお伺いした時の事。お客様のお悩みは洗面ボウルの傷。くすみやモヤモヤができたのでカビキラーで洗ってみた。改善されなかったのでメラミンスポンジ、そして研磨入りのスポンジパッドで擦ってみた。との事・・・テカテカしていた洗面ボウルも擦り傷ができて見栄えが悪くなったとか。そうですね。素材は人工大理石。素材も柔らかく(スポンジの様に柔らかいわけではない)傷も付き易いのです。お客様が傷...

ここで紹介するのは玄関のテラゾー。テラゾーとは大理石などを粉砕した粉セメントや樹脂に練り混ぜて磨いた人造石の事です。属に言う人造大理石。因みに人工大理石は天然石の成分は含まれませんので、人工大理石と人造大理石は別物です。人造大理石も人工大理石も、勿論天然石も磨けば光沢が上がります。玄関から光沢で輝いている土間を見るとリッチな気分になれるもの。しかし傷が入り光沢を失うと、なんとも残念な玄関土間に見え...

このページの先頭へ戻る