洗面台の磨き

出荷当初はマットな質感の人工大理石の洗面台。
今回は鏡面仕上げのご依頼。

 

blog31-1

 

鏡面仕上げとは鏡のように照明が映り込む様に光沢を上げる事。
研磨で工程を踏み磨きを掛けます。

 

天板はコーリアン。
コーリアンとはアクリル樹脂を原料とした人工大理石で、アメリカのデュポン社の名称です。
因みにフッ素加工の物をテフロン加工と呼ばれることもありますが、この「テフロン」もデュポン社の名称です。

 

研磨には特別な洗剤などは使用しません。
水とパッドのみです。

 

研磨で大切な事は、何より均一に磨くこと。
バラツキがあると仕上がりもムラっぽくなるので、面倒くさがらず丁寧に仕上げる事です。

 

blog31-2

 

blog31-3

 

スッキリした照明の映り込み。
超テカテカがご希望でしたが、やはり素材によって限界もございます。

 

出荷当初の姿とは変わってしまっているので、ある意味邪道な仕上がりに思われるかもしれませんが、好みですね。
照明が映り込むので明かるさも際立ちます。

 

キッチンの人工大理石でもやはり光沢上がると嬉しいみたいですよ♪
キッチンは包丁傷が目立ってしまいますが…

 

洗面台、人工大理石の磨きはBRワークスにお任せください!

 

 

人工大理石の研磨ページはこちら

 

このページの先頭へ戻る